ゆずの木保育園の設立は1974年に職員10名と43名のこども達とスタートいたしました。
ゆずの木保育園は4つの目標を掲げ、理事会、職員会、保護者会、後援会の協力により年々保育定員も増加して行きました。
 豊かな自然に囲まれ、四季の移り変わりを肌で感じられる環境は、こどもたちにとってかけがえのない体験と刺激を与えてくれます。集団保育の特性を活かし感性を育み、成長し、共に育ち合う保育の保障を目指し運営されております。

 

 

 1. こどもの全面発達をめざし、こども達が仲間の中で生き生きと育つような保育内容を保つ保育園。

 2. 女性が安心して働けるよう、産休明け、長時間、障害児保育を保障する保育園。

 3. 父母や保母が参加できる民主的な保育園。

 4. 地域、父母、保育士が手をとりあいこどもを守るための環境を力を合わせて取り組む保育園。

 以上の4つの目標は、どんな環境の変化の下でも、ゆずの木保育園の指針として、最も基本となるものです。この目標を追求する為に、保育園の運営に責任を負う理事会、こどもの幸せをとより良い保育を願う保護者会。こどもとのふれあいを大切に、保育理論を学習し、こどもの全面発達に力を入れる職員会。保育園を物心両面にわたり支援する後援会。
更に、保育士が労働者としての権利と保育実践を整合させて追求する労働組合。
以上の会や組織がそれぞれの役割を果たし、様々な問題に意見を交わし、その交流を図って保育園の4つの目標を追求しております。

 
保育時間:早朝7:30〜夕方6:30(月〜金)
※延長保育:夕方7:00迄
(土曜日:早朝7:30〜午後2:00)
保育対象年齢:0才〜年長


園長:新井 理恵
職員:32名
嘱託医:2名
 
 

子育て支援



保育内容お知らせ園の案内図保育クラス紹介周辺環境リンク集